通販サイトではんこを購入したい方へ

はんこを作成する際にはどこで購入するかでも迷う人がいますが、特に近年では通販で注文がしやすくなっているので通販を選ぶ人が多いです。しかし、実際に足を運ぶことがない通販で購入する時には選び方にこだわる必要があります。

通販で購入する時にまず確認したいのが作成方法です。例えば手彫りで作成をしてもらいたいのに機械での作成しか対応できないと好みのはんこが作れませんし、偽造などの可能性も出てくるので特に実印などを作る時には確認したいポイントです

また、対応できる書体についてもチェックしましょう。はんこの印面には様々な書体が使用されています。複雑なものからシンプルなものまで選べますが、例えば実印なら複雑な書体にしたり、逆に認印は読みやすいようにシンプルな書体にしたりなどそれぞれのはんこで選びたい書体は変わります。対応できる範囲が狭いと好みの書体を選べないので、購入前に対応できる書体を調べておくといいです。

このように、通販サイトで購入する時にチェックしたい選び方のコツについて話しましたが、特に通販は選び方が重要です。特に初めて利用するならまずはどんな通販サイトで購入するべきか選び方についてからはんこを注文しましょう。

はんこの選び方について

はんこはそれぞれの種類によって選び方が異なります。事前に選び方を知らないと失敗の恐れもあります。そのため、購入することが決った方は選び方を知ると買う時に参考にできます。

実印について選び方を紹介します。実印の場合はまず登録が可能なはんこを選択します。例えば市区町村によっては規定が細かく、サイズが大きすぎたり小さすぎたりすると登録できない場合もあります。せっかく購入したのに登録ができないとなると意味がないので、まずは自分が欲しいと思うサイズを登録できるかをチェックする必要があります。また、実印は複製されると危険ですので、悪用されにくくするために手彫りなどで作成を検討します。

次に銀行印ですが、これも登録が必要となる印鑑です。選ぶ時に考慮する点は複数ありますが、その中でも重要なポイントは長く使えるかです。すぐに印面が欠けると登録し直す必要があります。そのため、手間がかかります。もし丈夫な素材を選択すればその分買い直しのリスクが低下します。

認印は特に考えることはありませんが、普段から使用頻度が多いという場合には自分の好みのデザインや大きさ、書体を選ぶようにするといいでしょう。中にはニックネームなどで作成する人もいます。

手彫りはんこのメリット

印鑑を購入する際には色々な作成方法がありますが、その中でも手彫りについて考える人は多いです。実際に職人に依頼をして手彫りのはんこを注文する人は増えていますが、手彫りならではの利点について知りたい方も多いのでここでは手彫りの利点をお話します。

まず1つ目は職人による美しい仕上がりが得られるという利点があります。手彫り以外の場合は基本的に機械が作りますが、機械で作成すると全て同じ作り方になるので深い味わいは得られません。しかし、手彫りなら一つひとつ違った美しさで仕上げることができ、機会を使用して作成したはんこよりも深い味わいのあるものを完成させることが可能です。

また、2つ目は偽造されにくいという利点もあります。印鑑はものによっては大切な契約に使用します。その為、悪用されないようにするためにも偽造されにくいものを作成しなければなりません。機械では同じように作成ができるため、偽造のリスクもありますが、手彫りは一点一点異なるデザインで同じものは作成できません。偽造できないはんこを作り上げることができるのも利点です。

このような利点があることから手彫りのはんこは多くの人から人気を集め、特に実印や銀行印には人気です。

はんこの種類や通販での購入について

はんこは色々な場面で使用する大切なアイテムです。特に大人になるにつれて必要になる機会が多くなるものですが、実際に購入を考えている方も多いでしょう。購入をする前には失敗しないためにもまず印鑑にはどんな種類があるのかを知らなければなりません。印鑑にはどんな種類があるのかについて話します。

まず1つ目は実印です。実印は不動産の購入や自動車の購入など主に契約をする時などに使用する大切な印鑑です。基本的に実印として使うためには登録をする必要があります。登録をしたい場合は市区町村で行います。

2つ目は銀行印です。その名の通り銀行印は銀行で使用する印鑑です。ATMなどでお金を引き出すときは必要ありませんが、例えば窓口で大金を引き出すときなどこの場合には銀行印が必要になることがあります。また銀行口座を作る時には銀行印を登録しなければなりません。口座を開設したい時も必要な印鑑です。

3つ目は認印です。これは銀行印や実印とは違い、登録する必要がない印鑑です。しかし、人によっては3つの印鑑の中でも使用頻度が一番多くなる場合もあります。登録は必要ないですが、実印や銀行印を使用する必要がない時には必要になる印鑑なので購入しておくと便利です。

種類について話しましたが、このサイトではこれから通販で購入を検討している方のために手彫りはんこのメリットやはんこの選び方などについてお伝えしますので購入を検討中の方は参考にしましょう。